サンポット石油給湯器 UTAC HMG-385ME 強制リセットについて。

※事故は自己責任で。

社内の石油給湯器がエラーになりまして、いやぁーなんのことは無い、荷物を移動したときに隠れて中継されていた開閉弁が閉じてただけで給油不足になったのでエラーコード120からスタートし110になって試行錯誤してたのです。 もしかして空気塞栓! とか 灯油経路にサビ破片でも引っかかったのかな?とね。
 そのうちエラーコード130になりました。
 これはサンポットの機械は8回エラーで強制的にロックするそうでそうなるとサービスマンコールとなります。
  原因はただの燃料切れだけで、空気抜きは機械で調整してくれるそうです。

 一応、午後5時も過ぎてたので、設置代理店とメーカー営業所に連絡しましたが、人員派遣でないと対応は不可と言われてしまいました。
 うーん。今すぐ復旧したいし、原因を突き詰めたから強制リセットしたいだけだったのですけどね。
http://www.sunpot.co.jp/customer/manual/index2.php
にマニュアルがありますが、それにも強制リセット方法は記載されていません。

ボタンが3つしかないから全押しリセットとかないかなと思いましたが、+-の同時押しで過去8回のエラーコード表示モードに突入するみたいです。
しかたないからネジ2本で止まってる前面のパネルのみ開きましたら、パネル裏に整備マニュアルの紙が、そこには強制リセットのボタン位置が載っていまして、押して無事解除成功となりました。
 ちなみに自分の機種は赤いLED下のボタンでした。PL保険の絡みで素人介入を拒むメーカーの対応なのでしょうが、8回リセットでのロックは勘弁してほしかったなと。正直焦った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック