MF7350Nの中古 3ケ月経過

 熱転写ユニットが壊れました。10万耐久と聞いてましたが、理論値の30%で寿命でした。
 あきらめてもよいのですがトライアゲインです。
 熱転写フィルムが真ん中からさけています。
 なので修理してみるために分解してみましたが、キャノンの熱転写ユニットはA4横=A3クラスだと似た部品が多く使われています。完全互換とは言わないものの熱転写フィルムは同じみたいです。φ23mm外周75mmで共通でした。これはMF7350NとLBP3500のフィルムは同じサイズでした。実際、交換してみましたが、微妙なバネ圧と調子にのってレバー割ったので今回はSCが別コードになっただけでした。でも線外しても同じ反応なので、SCをリセットするコマンドを知らないとリセットできないのかもしれません。ふつうはユニット毎のアッセンなので解る人は少ないと思います。
 まぁ今、また中古を購入しましたのでその後も短命なら終了ということで・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック