ジャンクPCを業務に使う

アクセスカウンタ

zoom RSS レーザープリンタをやめて複合機へ移行した理由

<<   作成日時 : 2013/09/06 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 でかい・重い・難しい の3重苦の複合機に移行しました。
 確かに予算には制限があり中古や低価格品限定の環境下では選択肢は少ないですのでココで雄弁に語っても意味なしですよね・・・

 昔、キヤノンのIXYってデジカメを買った経験でチョットだけ飛び出すレンズがカバー内で動いて一発で故障しました。当時実売価格で4万円台後半だったような気がします。悔しくて分解したときに液晶部品にSONYのロゴが・・・
 キヤノンは元々カメラ屋で光学の操作といったアナログデバイスの企業なので電子回路とかは本業ではなかった筈です。そこで見たSONYのロゴ。何となくソニーと近いんだろうなと。
 キヤノンのプリンタ数台買っていますが、ソニータイマーより優秀なくらいピッタリ時限装置が働くような気がします。特に5万円以下の製品は特にそう思います。インク商法・・・
 高級カメラのような顧客の満足度よりも、普及と量販の商法へ移行した結果でしょう。
 LBP-1810のようなカチッとした設計からLBP3500のようなまるで韓国に設計させたようなその場しのぎの製品まで・・・先祖の方が良いという摩訶不思議なキャノンの製品構成では10万以下の製品では企業の本気度を測れないのではないかなと思うようになりました。
 私が知る低価格レーザープリンタで一番優秀だと思うのはNECのMULTIWRITERシリーズです。2360N・2860Nを3台中古で買ってかなりの好成績です。でもこれリコーのOEMのような気がします。
 NECの方が弾も多く、特殊な紙への耐性もピカイチだったのですがね・・・
 単にレーザーを入れ替えるだけでは進化的な思想が無いと思って複合機にした結果またキャノンの選択になってしまいました。
 そこで、5年リース切れで出てきたMF7350Nを中古で購入した訳です。
 45000カウント35800円 って格安ですよ。なんで?っていう印象です。
 不具合のクチコミが無いし、中古でも34万カウントが存在してるし、耐久を半分に見ても17万カウント。残12万カウント。AVE1000カウント/月で単純に10年もつ計算ww 新品時の価格が80万程度で実売が半値8掛けですと32万の実売品ならまぁ 本気を見せてくれるのでは無いかなと。失敗したら粗大ゴミでも最も凶悪な分類になるのですが、経過観察です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レーザープリンタをやめて複合機へ移行した理由 ジャンクPCを業務に使う/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる