ジャンクPCを業務に使う

アクセスカウンタ

zoom RSS メモ: 今回札樽自動車の送り状印刷のソフトについて、開発過程で思い出したこと。

<<   作成日時 : 2013/02/22 11:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 結論。言語から組めたほうが良いが、コスト意識による。
 アクセスベースでマクロ駆使して作り上げましたが、理論的に構想するといくつかの方法がある

「仮想構想」

案1)冗長的なテキストデータを作成し、プリンタへ直接文字コードを送る。
    ○→OSがページプリンタ前提なのを無視し直コードなので旧来の紙サイズに合いやすく、複数枚数印刷の際に紙サイズの設定に苦慮ぜず、プリンタドライバーに依存せず、印字位置が上下にブレル事が皆無になる。
    ×→ほぼ低級言語開発。直制御なのでハードウェア情報の収集をして内部でパスなどの設定を自動で判別できないと、1台のPC専用に開発してしまうので、開発コストが時間x手間で高くなるかマチマチかのどちらか。メンテ=再ビルドとなる。

案2)既存のソフトの機能を利用し作成。
    ○→開発工程が少ない。楽。信頼性が元々高い。
    ×→ドライバ他ソフトウエアが複数絡み、問題箇所の特定が困難。ソフトウェアの価格が別途かかる。遅い。癖がある。条件分岐による制御方法の記述が難しい(IIFで値は替えれても、codeを入れられない。)。VBA分かればねぇ。

と、考えるのです。もち技術不足なので案2でやるしかない。
具体的には実際にテストしながら癖を見抜いて少しずつ拡張するように開発していった。

例)
 ・顧客レコードと商品レコードはMYSQLで他はACCESS側と考えた(理想)→レコードと1対1になる項目を入力用のバッファを用意したいが、レコード件数は変化するのに対用バッファも連動しなければならないので結局MYSQLにバッファを確保これはユーザー人数分かかるし、汎用性が欠けてしまう。(利便性を優先)→バッファをクリアする初期行動を、全件NULL書き込みしたら時間がかかり止まる。Is not null だけnull書き込みで早くなった。(ハードの特性に依存するので癖)

 ・UIは便利で複雑か?or分かり易くても冗長作業が伴うか?の見極めが使う人により異なる。多機能で手間がかかのが便利かどうか。また、シンプルだけど毎回最後のリターンを入れないと数値が反映されなくてもOKか。など

 ・MYSQLでは 全角ハイフンや〜とか括汲ェ使えない。過去の試験品はアクセスオンリーだったので住所録の共用ができなかったりと不便な面があったが元データがあったので流用しても意味不明インポートエラーが文字コードと分かっても対応が難しかった。

・AccessのデータでdoubleをMYSQLに入れると、丸め込み処理に違いが出る。エクセルに一度落としMYSQLだとなんとも無い。(0.7→0.69999983とか色々あった)



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メモ: 今回札樽自動車の送り状印刷のソフトについて、開発過程で思い出したこと。 ジャンクPCを業務に使う/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる